滋賀県で売買、仲介、リノベーション設計デザイン、施工、コンサルティングサービス、ライフスタイルサービスならサーガス土地販売株式会社

会員登録

ログイン

ゲストさん

サーガス土地販売株式会社

お問い合わせメール

営業時間10:00~19:00

定休日第一火曜日・毎週水曜日

お問い合わせ

売却までの流れ

  1. まずはお問い合わせください

    お電話または問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  2. 査定をしてもらう

    まずは「どのくらいの額で売却できるか?」を知るために、「査定」をしてもらうことから始めます。
    査定には「机上査定」と「訪問査定」の2パターンがあります。

    「机上査定」は不動産の立地や面積などの情報だけで査定ができ、インターネットや電話などで完結するので簡単です。

    ただ、机上査定では、過去の売買事例を参考にした大まかな数字しか出ません。
    机上査定で分かるのは、単なる相場価格です。より具体的な査定をしてもらうには「訪問査定」が必要です。
    室内保守状況・陽当り・リフォーム履歴等、訪問査定でしかわからない点を確認することで、より詳細な査定価格がわかります。
    煩わしくなければ査定額は不動産会社によって異なる場合があるので、複数社に訪問査定を依頼してみるのもいいでしょう。

    ~POINT~
    不動産の相場は会社により大きく変わるということは原則考えにくいです。
    売却がスムーズにできると想定できる価格が相場価格ですので明らかに高い査定額や低い査定額の場合には
    その価格の根拠を聞いてみる事をお勧めいたします!!
    査定金額が高い=売却に時間を要す事が一般的な解釈になることはお分かりいただけるのではないでしょうか。
  3. 不動産会社が物件調査をする

    法務局や市役所等で不動産会社が物件の調査を行います。
  4. 不動産会社と媒介契約を結ぶ

    何社かに訪問査定をしてもらい、媒介契約をする会社を選択します。

    媒介契約には、何社も同時に依頼できる「一般媒介契約」や、1社のみに依頼する「専任媒介契約」、「専属専任媒介契約」の3種類の方法があります。
    媒介契約の種類によって、売り手の自由度や不動産会社の対応方法などそれぞれ特徴がありますので、自分に合った契約方法を検討するようにしましょう。
  5. 売却活動をする

    媒介契約を結んだ不動産会社が、広告などにより売却活動をします。
    初めは、自分の売却希望価格からスタートすることが多いですが、売れにくい場合には不動産会社と打ち合わせのうえ、価格を下げるなど調整していくことになるでしょう。

    ※媒介契約を結ぶ際に、どのくらいの期間での売却スケジュールや価格の調整等を考えているか確認する事をお勧めします!!
  6. 買主と売買契約を結ぶ

    購入希望者が現れたら価格や引き渡し時期などの条件交渉をします。
    お互いに納得できたら、売買契約を結びます。
    不動産会社によって異なりますが、売買契約時に仲介手数料の一部を支払うこともあるので、しっかり確認することが大事です。
  7. 買主に引き渡しを行う

    引き渡し日には、買主からの代金の受領をもって抵当権の抹消や所有権移転手続きが行われます。
    売主の住宅ローンの残債がある場合には、事前に金融機関との連絡が必要です。
    買主側が住宅ローンを利用する場合も多いので、その場合には買主指定の金融機関が決済場所となります。

    引き渡しの日には、権利証(登記識別情報通知書)や印鑑証明書など、さまざまな書類が必要になります。
    また、不動産会社への仲介手数料や司法書士への報酬など売主側の支払いもあります。
    当日慌てることがないように、不動産会社の担当者としっかり打ち合わせをしておきましょう。
  8. 【番外編】

    不動産の売却をする際に不動産会社へ売却活動をしてもらう『仲介』と主に不動産会社へ直接売却する『買取』があります。
    その2つの違いも見ていきましょう。

    ※「仲介」と「買取」の違い
    一般的には、買主との間に不動産会社に入ってもらう「仲介」で売却依頼をする方法を思い浮かべますよね。
    実は、それ以外の選択肢として「買取」で売却する方法もあります。
    これらは、まったく違う方法です。
    不動産会社から「買取」の方法を提案されるケースもあるので、違いについては知っておくようにしましょう。

    ≪仲介とは?≫
    仲介は、売主と買主の間に不動産会社が介入する売却方法です。
    仲介で買主が見つかり、さらに売買契約が成立すれば不動産会社に「仲介手数料」という名の報酬を支払います。
    計算方法は、「物件価格の3%+6万円」が上限となっています。(物件価格が400万円以上の場合)

    仲介のメリットは、周辺相場や自分の希望に近い価格での売却ができるので買取と比較すると高く売れるということです。
    ただ、買主が見つかるまでの期間の予想がつかず売却が長期化することもあるので、時間的余裕がある人におすすめです。

    ≪買取とは?≫
    買取は、不動産会社が直接買い取ってくれるので「買主を見つける」という作業がなくスムーズに進み、仲介手数料は不要です。
    「すぐに売りたい」というときには、不動産会社が提示する金額に納得できれば「売却→入金」とスピーディーに不動産の現金化ができる方法です。

    詳しくはこちら
    不動産会社の選び方

ページ先頭へ